«Prev || 1 · 2 · 3 · 4 · 5 · 6 · 7 · 8 ... || Next»
Posted by: kawasaki
2012/09/03 10:41
*スターライト ロードランナー 146g 黄緑色

・スターライト=新素材=新製法=スター素材をブリザード方式(空気孔を混ぜて作る)で加工することにより、従来より軽いディスクを作ることを実現した。

・遠投力がそれ程無い、シニア・レディースプレーヤー等にとっては軽いのでかなり初速を出し易く、アンダーにもならずに距離を稼げるドライバーとなるディスクである。

・リム巾が狭く手の小さい人でも握り易い。

・初速の早い人でも無風、追い風で回転を多く与えディスタンススロー(S字スロー)をすると伸びが多く、かなりの距離を稼げるドライバーでもある。リム巾が狭いので横(左右)方向の曲がり少ない利点がある。

・初速が早い人がきついアンハイザーの角度で投げるとローラーでかなり距離を稼ぐことができる。従来のスターレパードに似ている特性である。



*チャンピオン マンバ 159.6g 黄色 

・私の遠投力では、この重さのディスクの中でアンダーなディスクである。

・カタナの特性に似ているが、リム巾が狭いので左右の曲がりがカタナより少なく、高く投げ上げても落下点をコントロールし易い。

・リム巾が中クラスであり、カタナのようなワイドリムでは幅が広過ぎると感じる人には握り易く扱いやすいディスクである。

・高く投げ上げての大きなアンハイザーや、逆に長い投げ下ろしで真っすぐ滑空させる距離をコントロールしながら稼ぎたい時に有効と思われる。



*ディスクマニア ブリザード C-LINE DD2 157.8g 黄緑

・ワイドリムなので基本的には伸びが大きく距離を稼ぐことが出来る。

・ボスよりもアンダー、カタナよりもオーバー その中間。

・私の遠投力ではストレートの特性が強く、ワイドリムの割には左右の曲がりが少なくコントロールし易い。

・安定した特性でありミスが出にくいディスクである。
Posted by: mayu
2012/08/18 21:20
遅くなってしまいましたが、ブリザードディスク・チャンピオンカタナのテスト報告をさせていただきます。

Blizzard Champion Krait
ピンク:155.7g 黄色:155.1g
最近のブリザードディスクの中ではリムが狭く、フラットな形状をしているので、女性でも握りやすいディスクです。この形状にしては思ったよりもオーバーステイブルで、特にピンクはその傾向が強いです。私の初速では、フラットで投げると起きずに左に曲がります。

Champion Katana
紫:155.9g 青:154.8g
リムの幅が広すぎず、形状もフラットでここにあげたディスクの中では一番投げやすいと感じたディスクです。ブリザードボスに比べてアンダーステイブルなので、私の初速でも、あまり無理をせず飛距離を稼ぐことができます。しばらくフラットで飛んでいったあとに、左に帰ってきます。ブリザードのディスクは風が吹いた時に急にディスクが浮き上がったりすることがありますが、チャンピオンカタナはそういうことがあまりないような気がします。

Blizzard Champion Boss
ピンク:153.1g 紫:154.9g
リムの幅が広く、ドーミーなので私にはしっかり握ることができませんが、ディスタンス投げをすると驚くほど飛距離を稼げるディスクです。今まで投げていたディスタンスドライバーに比べて5~10m位飛んでいるような気がします。

Blizzard Champion Destroyer
黄色:153.6g ピンク:153.7g
ここにあげたディスクの中では最もオーバーステイブルで、かなりアンハイアングルで投げ出しても最後は左に帰ってきてくれます。私はフォアハンドで投げる時や、バックハンドで必ず左に帰ってきてほしい時、風が強い時などに投げるようにしています。

Blizzard Champion Wraith
黄色:148.5g オレンジ:147.6g
ブリザードボスに比べアンダーステイブルで、150クラスなので、最近のブリザードディスクがオーバーすぎる、重いと感じる方には投げやすいディスクだと思います。

Blizzard Champion TeeDevil
黄色:151.6g、151.8g
ブリザードレイスやチャンピオンカタナに近いディスクだと感じました。着地のあとの左跳ねが、若干大きいような気がします。ブリザードレイス、チャンピオンカタナ、ブリザードティーデビルの3枚は、私の初速でも十分に飛距離を稼ぐことができるディスタンスドライバーなので、ブリザードボスがオーバーすぎると感じる方には、重さや持った感じがしっくりくるものを1枚選んで投げてみるといいと思います。
Posted by: T2
2012/08/09 22:13
クレイとのテストをしました。

イエローとピンクを投げましたが、色によってかなり飛び方が違うようです。

両方に共通している部分は、ディスクの径が小さく、握りやすいのが特徴です。
手の小さい方でも投げやすい形状に仕上がっています。

そして飛び方ですが
イエロー
b・ティーデビルとb・ボスの中間くらいの起き方をします。
飛距離的には起きる分ティーデビルの方が飛びましたが、ディスクの径が小さい分握りやすく、
コントロールしやすさはこちらの方が上でした。
ストレートに伸びていってくれる良いディスクですね。

ピンク
実広さんのレビューにもありましたが、こちらはかなりオーバーな仕上がりになっています。
オーバーさで言うと、APEに近く、デストロイヤーよりもオーバーに感じました。
径が小さくてオーバーなディスクが欲しい方にはお勧めの一枚です。

ブリザードは1枚1枚個性があり、投げれば投げるほど味が出ます。
育てて是非武器にして欲しいです。
Posted by: jitsuhiro
2012/07/24 15:14
ディスタンスドライバーとして登場です。

リムの底部分が丸みかかっているのが特徴。

・ピンク158.4g トップが膨らんでいる。
・黄色 158.1g トップがフラットに近い。

2枚を投げました。


ピンクは、私がフラットに投げ出しても右に流れず、左にターンしていくほどのオーバーステーブルディスク。チャンピオンオークやBデストロイヤーと変わらないくらい左に行く特性があります。向かい風に強いですね。

黄色は、私が軽いハイザーで投げ出した後、右にスライドして行きました。回転が無くなってからの左への返りは、Bボスほど強くありません。ピンクとは違ってやや、アンダー特性のディスクです。
Bレイスに近いターン具合です。チャンピオンカタナよりは、オーバーなディスクです。

2枚のディスクは、ターン具合に違いがありました。

飛行スピードはBレイスやBボスと比べ、速くは感じません。その分飛行の特性が把握しやすく、すぐにコントロールさせることができるディスクでした。黄色に関してですが、Bレイスよりも重い分安定感が得られるのでバックに入れて試してみようと考えています。

100mスローを目指す方にとっては、ストレートもしくはオーバーステーブルな部類になるでしょう。
Posted by: kawasaki
2012/07/23 15:39
ブリザード・チャンピオンクレイト(155g&158g)テスト報告

癖が無い非常に素直な飛行性能。
リム幅がBOSSよりも一回り小さく、またBOSSよりもドームが盛り上がっていないので、手が小さい人でも握り易い。
リムの巾が狭い分、BOSSよりは距離が少し出ないが、左右の曲がりは少ない。
従来のDX・チャンピオン素材のディスク同等の距離は得られる。
ブリザードの比較では、Bossよりもアンダー、レイスよりもオーバー、その中間である。
ブリザードチャンピオンBOSSではオーバー過ぎる、左右の曲がりが大き過ぎる、あるいはリム幅が広過ぎて握りにくい、という人には最適のディスクである。

4/29(日)の「WDGCイン小山」にて試投&販売を行います。
«Prev || 1 · 2 · 3 · 4 · 5 · 6 · 7 · 8 ... || Next»