チャンピオンターン・スターライトターン
チャンピオン、スターライトの材質の違いによる飛行の違いはあまり感じられませんでしたのでまとめて報告します。
・ディスタンスドライバーで、リム幅は他のディスタンスドライバーディスクと変わらず広いです。特徴としては、リムの深さがボスやレイスに比べて浅いところです。手の小さい選手には握りやすいのではないでしょうか。
・飛行はスターライトレイスよりも1段階オーバーステーブル(左にいこうとする力が強い)になっています。100Mを超える力で投げると途中から右にターンして伸びていきますが、その時の伸びが今までのディスクにないスピードで伸びていきます。とにかく伸びがすごい印象です。私の持っているディスクで一番飛距離が稼げるディスクです。

スターライトボス
・ブリザードボスよりもアールプロボスに近く、さらにアンダーステーブル(右にいこうとする力が強い)でボス史上一番のアンダー度合いのディスクです。アンダーにはなっていますが、伸びや終盤の左へのターンはボスの特徴はそのままです。今までのボスは投げられなかったけどこのボスなら投げられるというプレーヤーも多いと思います。私はローラーディスクとして使用していきます。ローラーさせるとアンダーディスクでありながら角度を保つ時間が長く距離がでて好感触でした。85M位投げるプレーヤーが投げたときよく伸びて飛距離がでていました。

チャンピオンゲーター
・どんな向かい風が吹いても、私がどんなにフルショットしても右にターンすることなく、左へ飛行する。他のディスクにない特徴を主張しているミドルレンジディスクです。強いオーバーステーブルで飛距離は出ませんが、この特徴を活かせる時があるのではないかと気になるディスクです。

動画はこちら
・テストは追い風の強い時に行いました。無風であれば、全体的にもう少し右にターンしていきます。私は130mのスロー力、太陽は85m位のスロー力です。参考にしてください。