«Prev || 1 · 2 · 3 · 4 · 5 ... || Next»
Posted by: T2
2014/01/16 06:47
遅くなりましたが
こちらでレビューをしています
是非お聞き下さい
http://tokyostylishsports.seesaa.net/article/384786124.html
Posted by: jitsuhiro
2014/01/07 00:13
チャンピオンターン・スターライトターン
チャンピオン、スターライトの材質の違いによる飛行の違いはあまり感じられませんでしたのでまとめて報告します。
・ディスタンスドライバーで、リム幅は他のディスタンスドライバーディスクと変わらず広いです。特徴としては、リムの深さがボスやレイスに比べて浅いところです。手の小さい選手には握りやすいのではないでしょうか。
・飛行はスターライトレイスよりも1段階オーバーステーブル(左にいこうとする力が強い)になっています。100Mを超える力で投げると途中から右にターンして伸びていきますが、その時の伸びが今までのディスクにないスピードで伸びていきます。とにかく伸びがすごい印象です。私の持っているディスクで一番飛距離が稼げるディスクです。

スターライトボス
・ブリザードボスよりもアールプロボスに近く、さらにアンダーステーブル(右にいこうとする力が強い)でボス史上一番のアンダー度合いのディスクです。アンダーにはなっていますが、伸びや終盤の左へのターンはボスの特徴はそのままです。今までのボスは投げられなかったけどこのボスなら投げられるというプレーヤーも多いと思います。私はローラーディスクとして使用していきます。ローラーさせるとアンダーディスクでありながら角度を保つ時間が長く距離がでて好感触でした。85M位投げるプレーヤーが投げたときよく伸びて飛距離がでていました。

チャンピオンゲーター
・どんな向かい風が吹いても、私がどんなにフルショットしても右にターンすることなく、左へ飛行する。他のディスクにない特徴を主張しているミドルレンジディスクです。強いオーバーステーブルで飛距離は出ませんが、この特徴を活かせる時があるのではないかと気になるディスクです。

動画はこちら
・テストは追い風の強い時に行いました。無風であれば、全体的にもう少し右にターンしていきます。私は130mのスロー力、太陽は85m位のスロー力です。参考にしてください。
Posted by: kawasaki
2014/01/04 22:34
①スターライトボス=予想外に超アンダー。スターライトレイスよりもアンダー。
逆にDXボス、ブリザードボスではオーバー過ぎて投げられない人でも楽に投げられます。

②チャンピオンゲーター=アプローチ系のディスクでは最もオーバー。ROC3よりもオーバー。ロック3よりも直径が小さくノーズがラウンドなので握りやすい。向かい風、短距離のハイザーアプローチには最適。
ワイドリムで無く、尖ってもいないので跳ねが少ない。

③スターライトターン 後半=ターン後の滑空の時間が非常に長く距離が稼げる。楽にS字を描くことができる。無風・追い風では安定してブリザードボスより距離を稼げるディスクとなる可能性大。ブリザードボスがオーバー過ぎる人でも投げることが出来るはず。
スターライト素材はチャンピオンブリザードよりも個体差(バラツキ)が少ない。
向かい風ではアンダー傾向が強くなるので注意。ボスと同じ超ワイドリム系ディスク。
チャンピオンターンも同じ特性でした。

④NOVA(ノヴァ)=衝撃的ディスク。超ストレートディスク。パター系ディスクでこれほど真っ直ぐ飛ぶディスクは見たことが無い。向かい風も追い風も関係ない。特に向かい風の直進性は素晴らしい。これはドーム部分の材質に比べてリム部分の材質の密度が大きく重いので回転が長く続き同じ角度が長時間保たれるためと思われる。裏側のリベット部分が気になるという話もあるが逆に握る時に指をひっかけると投げ易くなるともいえるのではないか。
リムとドーム部分の材質が異なり、また、ドームが非常に硬いので従来のパター系ディスクと比較した場合はグリップの違和感が大きいので、十分に投げ込んで慣れる必要がある。慣れさえすれば大きな武器となる可能性大である。
Posted by: T2
2013/09/26 22:20
2013年8月25日
24時間テレビ36で行われた
「1分間フライングディスク射撃」の世界記録更新の瞬間です!
関係してくださったすべての皆様に感謝です!

https://www.facebook.com/photo.php?v=516497141759526&set=vb.392054597556648&type=2&theater
Posted by: kawasaki
2013/09/12 20:45
*スター素材のブリザード製法(泡を混ぜて作る)によるシリーズ。
*ティーバード>レイス>バルキリー>マンバ の順にオーバー(左)傾向が強くなる。
*重さが重くなる程オーバー(左)傾向が強くなる。
*スター素材特有の伸びの大きさがあり、飛距離が伸びる。
*チャンピオンブリザードに比べると全体的にアンダー(右)傾向が強い。
*ブリザードのディスクでは左へ行きすぎる(右バックハンドスロー)場合は、とくにこのスターライトシリーズがお勧めで、この中から自分に合ったディスクを選択することができるはず。
*特にスターライトレイスは楽にS字スローが出来、飛距離を稼げることが出来る。
«Prev || 1 · 2 · 3 · 4 · 5 ... || Next»